8月のお祭りのご案内

七夕祭  8月7日(土) 午後2時

8月7日の午後2時より拝殿にて、学業の向上・技芸の上達と諸願成就を祈願する「七夕祭」が行われます。

8月1日より拝殿前に笹竹が立てられ、参拝者のために短冊を準備、自由に願い事を書いていただけるようになっています。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、「金魚すくい」「映画鑑賞」を中止いたします。  悪しからずご了承ください。

7月のお祭りのご案内

7月30日(金) 午後4時    綱越神社宵宮祭

  31日(土) 午前10時    綱越神社例祭

※本年、パレード・奉納花火大会等を含む各種神賑行事を行いません。また周辺に露店の出店もございません。

※祭典は神職・巫女・神社関係者のみで行います。一般の方のご参列(※撮影だけの方も含む)はご遠慮いただきますようお願いいたします。悪しからずご了承ください。

     

「綱越神社例祭」は、夏の無病息災、延命長寿を祈るお祓い行事です。

摂社綱越神社のご祭神は、お祓いの神様である「祓戸大神(はらえどのおおかみ)」。大鳥居の南側に鎮座し、「御祓(おんぱら)さん」の名で親しまれています。

祭典では、神職・巫女・神社関係者のみで「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらへ)する人は千歳(ちとせ)の命延ぶといふなり」の古歌を唱えながら茅の輪を3回くぐり、大祓詞(おおはらえのことば)奏上時には神馬(しんめ)引きを行います。

6月のお祭りのご案内

※以下の祭典については、神事は行われますがご参列はご遠慮ください。 ※6月17日の祭典中及び祭典前後に、神社関係者以外の率川神社境内への立ち入りは一切できません。 ※例年行われています6月16日「ささゆり奉献神事」、6月17日「七媛女(ななおとめ)・ゆり姫・稚児行列安全祈願祭」並びに市内巡幸、18日午後の「奉納演芸」は中止といたします。  
6月16日(水)     午前10時      ささゆり奉献奉告祭 (於、大神神社)
            午前11時30分    ささゆり奉献奉告祭 (於、率川神社)
6月17日の摂社「率川神社」の例祭に先立ち、前日の16日に本社より率川神社へご神花「笹百合」をお届けするに際し、大神神社と率川神社それぞれで「ささゆり奉献奉告祭」を斎行いたします。
 
6月16日()    午後3時       宵宮祭
6月17日()   午前10時30分    三枝祭(例祭)
6月18日()   午前10時       後宴祭
 率川神社(いさがわじんじゃ)の例祭である「三枝祭」は「ゆりまつり」とも呼ばれ、ご祭神の「媛蹈韛五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)」にお喜びいただくため、酒樽に「笹百合の花」を飾り、お祭りが行われるようになったと伝わっています。
このお祭りには古式による特殊神饌、また黒酒(くろき)(濁酒)・白酒(しろき)(清酒)の2種類のお酒を笹百合の花で周囲を飾った罇(そん)(脚つきの曲桶)・缶(ほとぎ)(台付きの壺)と呼ばれる酒樽に入れて、雅楽の音にあわせ神前にお供えします。そして4人の巫女が「三枝の百合」を手に持ち、神楽「うま酒みわの舞」を奉奏します。
 
御田植祭       6月25日(金)  午前10時      
「御田植祭」は三輪山から湧き出る清らかな水を引き入れた「神饌田(しんせんでん)」に早苗を植える神事です。
“デンデン″と、田長の打ち鳴らす太鼓の音を合図に、白装束に赤や青の襷をかけた菅笠姿の早乙女、田作男により御田植えが古式ゆかしく奉仕されます。
     
大祓  茅の輪神事          6月30日(水) 午後3時    
「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」は祈祷殿前斎庭にて神職・巫女のみで儀式が行われ、祈祷殿前に設けられた「茅の輪」をくぐります。(※祈祷殿前に設置の茅の輪は、6/30~7/6(ただし6月30日は祭典前後はくぐることが出来ます。祭典中はご遠慮ください。)までの間、くぐることができます。) また6月21日より7月6日までの間、拝殿前に三ツ鳥居にちなんだ三つの大きな「茅の輪」が設置されます。  

5月のお祭りのご案内

久延彦神社就学安全祈願祭    5月5日(水・祝)  午前11時

久延彦神社のご祭神は「久延毘古命(くえびこのみこと)」と申し上げ、居ながらにして天下の事を知っておられる智恵の神様と「古事記」に記されています。
5月5日の子供の日に因み、新一年生をはじめとする学生さんの健やかなる成長や学力の向上、そして学生生活の日々のご安全を祈念します。
また4月下旬より5月中には「子供の日」に因み、大神神社においてお子さんの健やかなる成長を祈る「生育安全特別祈祷」をご奉仕しています。是非ご家族お揃いでお参りください。

※新型コロナウィルス感染拡大防止の為、ご参列はご遠慮ください。

播種祭(はしゅさい) 於:大美和の杜神饌田  5月12日(水)  午前10時30分

「大美和の杜(おおみわのもり)」の神饌田(しんせんでん)で今年の米作りの最初の神事として籾種を播く、「播種祭(はしゅさい)」が行われます。
まず神饌田をお祓いの後、この一年の耕作の安全と米の順調な生育を祈る祝詞が奏上されます。引続き、白丁姿の豊年講員によって鍬入れと籾播きが行われ、そして水を引き入れる水口(みなくち)に斎主が田の安全を祈り、斎串(いみぐし)を立てます。
この苗代で育った早苗が、6月25日の御田植祭で植えられます。

4月のお祭りのご案内

春の大神祭(はるのおおみわまつり)

 4月 8日(木)  午前10時  大直禰子神社(若宮)例祭
           午後 5時  春の大神祭宵宮祭
 4月 9日(金)  午前10時  春の大神祭(例祭)
           午後 1時  若宮神幸祭(※行列奉仕はありません)
 4月10日(土)  午前10時  春の大神祭後宴祭
大神神社の一年に一度の例祭「春の大神祭」が4月8日から3日間にわたり執り行われます。
8日午前10時、大直禰子神社(若宮)にて祭典を行い、引き続き大直禰子命の御分霊を本社拝殿の御棚にお遷しして、午後5時より「宵宮祭」が執り行われます。
明けて9日、氏子崇敬者多数参列の下、「大神祭(おおみわまつり)」が斎行され、神楽「うま酒みわの舞」が、4人の巫女により優雅に奏されます。

※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、祭典への参列はご遠慮ください。

引き続き午後1時より「若宮神幸祭(わかみやしんこうさい)」が神職、役員総代の少人数のみの奉仕にて執り行います。
※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、「若宮神幸祭」の行列奉仕はございません。
翌10日は、午前10時より「後宴祭(ごえんさい)」、終わって宮司以下祭員により「若宮還御祭(わかみやかんぎょさい)」、同時に権宮司以下祭員により「狭井神社例祭」がそれぞれ行われます。

後宴能 (於 三輪山会館「能楽堂」) 

4月10日(土) 正午始   
3日間に亘る「春の大神祭」が無事終了したことをお祝いし、10日正午より三輪山会館「能舞台」にて大神様に奉納の「後宴能(ごえんのう)」が催されます。

鎮花祭(はなしずめのまつり・ちんかさい) 

4月18日(日) 午前10時30分より本社、引き続き狭井神社にて斎行
「鎮花祭」は、本社と、摂社である狭井(さい)神社の両神社で行われます。この祭については『大宝令』(701)に国家の疫病除け祭祀として毎年必ず行うよう定められ、国民の無病息災を祈願しています。当日は薬業・医療関係者が参列、多くの医薬品が奉献されることから「薬まつり」とも言われています。祭典には特殊神饌として、神体山の三輪山に自生する忍冬(すいかずら)と笹百合の根が供えられます。これらはどちらも様々な薬効が認められる薬草です。

献茶祭(武者小路千家奉仕) 

4月29日(木・祝)  午前11時 
献茶祭は、毎年表千家・裏千家・武者小路千家が順番で奉仕されており、今年は武者小路千家のご奉仕となります。

※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、祭典への参列はご遠慮ください。また同様の事由にて拝服席・副席・点心席を中止いたします。

3月のお祭りのご案内

※祭典によって参列人数の制限等がある場合がございます。悪しからずご了承ください。

3月15日(月) 午前10時   交通安全祈願大祭(「講社崇敬会月次祭」に併せて斎行)

当神社では、昭和39年(1964)より毎月15日に氏子崇敬者の皆さんのご安全・ご多幸を祈る「講社崇敬会月次祭」と共に、ご参列の皆さんの交通安全や交通事故の撲滅を願う「交通安全祈願祭」をご奉仕しています。 特に3月15日は、春の交通安全週間に先立ち「交通安全祈願大祭」をご奉仕します。

3月20日(土・祝)  午前10時   春季皇霊祭遙拝    

この日、皇居の皇霊殿において、皇祖皇宗をはじめ代々の皇室の方々の御霊(みたま)をお祀りする春季皇霊祭が行われるにあたり、当社でも宮司以下神職が遙か皇居を遙拝し、歴代天皇や皇室の方々の偉業を偲び奉ります。

3月27日(土)・28日(日)  午前11時    春の講社崇敬会大祭 

当神社を信仰する講員・崇敬会員のご安全と家運のご隆昌を祈る講社崇敬会大祭が、3月27日・28日の両日にわたり執り行われます。 ※新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、祭典へのご参列はご遠慮ください。また「千本杵餅つき」・バザー店など各種神賑行事を中止いたします。

3月28日(日)  午前11時  玉列神社椿まつり 

玉列神社(鎮座地:桜井市慈恩寺)は、大神神社の御子神様である「玉列王子神(たまつらおうじのかみ)」を御祭神としてお祀りしています。昔から「玉椿大明神(たまつばきだいみょうじん)」と呼ばれ、その深い縁により境内にはおよそ200種500本の椿が植えられ、【玉列のつらつら椿】として知られています。 「椿まつり」は平成15年から執り行われ、祭典では椿がお供えされるほか、天冠に椿の花を挿した巫女が神楽「浦安の舞」を奉奏します。 ※新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、各種神賑行事を中止いたします。

2月のお祭りのご案内

2月2日(火) 午前10時  節分祭併福寿豆撒式安全祈願祭並豆撒式

        午後 2時  福寿豆撒式安全祈願祭並豆撒式

祭典には年男・年女・福男・福女の方々が参列して厳かに執り行われ、4人の巫女により神楽「奇魂の舞(くしみたまのまい)」が奉奏されます。(本年は午前10時と午後2時の2回執り行います)
祭典終了後、祈祷殿前にて裃(かみしも)姿の年男・年女・福男・福女より福餅・福豆をお渡しいたします(本年は福餅・福豆は撒きません。)
また福餅・福豆の中には大国様のお面など景品の当たる「特賞」、「一等賞」、「二等賞」などの福引番号が書かれた紙が入っております。
 

2月3日(水)  午前10時   立春祭  

一年の始まりであり、暦の上で春を告げる立春の日に行われるお祭りです。
 

2月5日(金)  午後2時   卜定祭(ぼくじょうさい)

地元特産「三輪素麺」の新しい年の販売価格を占う「卜定祭」が執り行われます。祝詞奏上の後、古式に則って卜定が行われ、ご神意のまにまに素麺の卸値として「高値」「中値」「安値」の中から今年の価格が決まります。

※本年、三輪素麺掛唄保存会の皆さんによる「三輪素麺掛け唄」の奉納はございません。

 

2月6日(土) 午前10時30分   おんだ祭・豊年講大祭

このお祭りは、年の初めにお米をはじめとして穀物の豊穣を祈るお祭りです。
拝殿向拝を「神田」に見立て、烏帽子に白丁姿の田作男(たつくりおとこ)が軽妙な語り口でおもしろおかしく農耕の所作を行います。そして、2人の早乙女がお田植えの所作や鈴神楽を舞い、神前に供えられた「籾種」が田作男によって参拝者に授与されます。
特にお田植え神事は数ある当神社のお祭りの中でも、異彩を放ち、古式を感じさせるものとなっています。
 

2月11日(木・祝) 午前9時  紀元祭     

神武天皇が即位された「紀元節」の日であり、現在は「建国記念の日」として、これを祝う「紀元祭」が行われます。
 

2月17日(水)  午前10時  祈年祭

春のはじめにその年の農作物の豊作を祈ると共に、皇室国家の隆昌と諸産業の発展、国民の安泰を祈る「祈年祭」が大祭式で執り行われます。
 

2月23日(火・祝)  午前10時  天長祭   

2月23日の天長祭では、天皇陛下のご誕生日を奉祝申し上げ、陛下のご長寿と日本の国と国民の安泰が祈られます。
天皇陛下のお誕生日と1月1日の四方拝、2月11日の紀元節はかつて三大祝日で、これらを総称して三大節と呼ばれていました。
大和国一之宮 三輪明神 大神神社
〒633-8538 奈良県桜井市三輪1422
TEL 0744-42-6633 FAX 0744-42-0381
このホームページに使用の写真・図版は著作権があり無断転用、転載はできません。