茅の輪の形をした「茅の輪守」を授与

最新情報
  • 初穂料 500円
  • 当神社では6月30日に「夏越の大祓」、当神社摂社の綱越神社では7月31日の「おんぱら祭」にてそれぞれ茅の輪くぐりが行われ(本年は神社関係者のみ)、また当神社では例年6月下旬から7月上旬にかけて拝殿前に「みわの茅の輪」が設けられます。

    本年は6月21日から7月6日まで設置 ※祈祷殿前に設置の「茅の輪」は、6/30~7/6(ただし6月30日の祭典中はくぐれません。)までの間、くぐることができます。)

    茅の輪が設置されるこの時期には、無病息災・災難除けを祈念した「茅の輪守」を授与しています。夏の神事を象徴する茅の輪に小さな人形が付いたお守りです。

    どうぞ身につけるお守りとして、あるいは玄関やお車等に付けていただき、ご健康でご多幸な日々をお過ごし下さい。


    最新情報一覧へ
    大和国一之宮 三輪明神 大神神社
    〒633-8538 奈良県桜井市三輪1422
    TEL 0744-42-6633 FAX 0744-42-0381
    このホームページに使用の写真・図版は著作権があり無断転用、転載はできません。