様々な教化活動

書初めまつり 書初めまつり

書初めまつり かつて当神社の一の鳥居には、連綿草体の古い文字が記された扁額が掲げられていました。そのため古くから書道にいそしむ方々に「文字の神様」として信仰を集めています。 そのご神縁をもって当神社では、県内の小・中・高等学校の学生の書道の技能向上を目指して、昭和29年より「書初めまつり」(主催 大神神社・奈良県書道教育研究会、後援 奈良県教育委員会・読売新聞奈良支局)が開催され、毎回2万点を超す力作が神社に寄せられています。 奉納作品は1月中旬頃に奈良県書道教育研究会の先生方による厳正な審査を行い、入賞作品が決定。そして2月中旬頃には、「書初めまつり奉納奉告祭」が拝殿にて斎行され、祭典終了後には大礼記念館2階大広間にて「表彰式」を行い、作品奉納者全体を代表して各賞の代表者(神社から依頼)を表彰しています(奉告祭・表彰式共に参加自由)。 また入賞作品は、祭典に併せて2月中旬頃に大礼記念館2階大広間にて展示されます。
詳しくはこちら
大和国一之宮 三輪明神 大神神社
〒633-8538 奈良県桜井市三輪1422
TEL 0744-42-6633 FAX 0744-42-0381
このホームページに使用の写真・図版は著作権があり無断転用、転載はできません。