大神神社 最新情報

最新情報 最新情報

2月のお祭りのご案内

お祭り

「節分祭」・「福寿豆撒式」

2月3日(日) 午前11時

節分祭は年男・年女の方々が多数参列して厳かに執り行われ、4人の巫女により神楽「奇魂の舞(くしみたまのまい)」が奉奏されます。祭典終了後、引き続き拝殿より「福寿豆撒式」が、裃(かみしも)すがたの年男・年女や崇敬者により賑やかに奉仕されます。 また撒かれる福餅の中には大国様のお面など景品の当たる「特賞」、「一等賞」、「二等賞」などの福引番号が書かれた紙が入っており、社頭は福をいただこうとする参拝者で賑わいます。

  •  
  •  

立春祭

2月4日(月) 午前 10時参列自由 ※ご自由にご参列下さい。

一年の始まりであり、暦の上で春を告げる立春の日に行われるお祭りです。

卜定祭(ぼくじょうさい)

2月5日(火) 午後2時

5日の午後2時より、地元特産「三輪素麺」の新しい年の販売価格を占う「卜定祭」が執り行われます。祝詞奏上の後、古式に則って卜定が行われ、ご神意のまにまに素麺の卸値として「高値」「中値」「安値」の中から今年の価格が決まります。 また祭典後、拝殿前斎庭で三輪素麺掛唄保存会の皆さんによる踊り「三輪素麺掛け唄」も奉納されます。

  •  

おんだ祭・豊年講大祭

2月6日(水) 午前10時30分

このお祭りは、年の初めにお米をはじめとして穀物の豊穣を祈るお祭りです。 拝殿向拝を「神田」に見立て、烏帽子に白丁姿の田作男(たつくりおとこ)が軽妙な語り口でおもしろおかしく農耕の所作を行います。そして、2人の早乙女がお田植えの所作や鈴神楽を舞い、神前に供えられた「籾種」が田作男によって参拝者にまかれます。 特にお田植え神事は数ある当神社のお祭りの中でも、異彩を放ち、古式を感じさせるものとなっています。

  •  

第66回書初めまつり奉納奉告祭・表彰式

2月10日(日) 午後1時

学業に励む児童生徒の、真心こもる書初め作品を奉納していただき、なお一層書道の盛んになることを祈る、「書初めまつり」(主催 大神神社・奈良県書道教育研究会、後援 奈良県教育委員会・読売新聞奈良支局)が執り行われます。 祭典終了後、大礼記念館2階大広間において「表彰式」を行い、「大神神社宮司賞」と「奈良県書道教育研究会賞」の各受賞者の中で当日ご出席の方を表彰します。(奉告祭・表彰式にはどなたでも参加可能です) 厳正なる審査により選ばれた「大神神社宮司賞」「奈良県書道教育研究会賞」「特選」「準特選」「優秀」の各賞の入賞作品の展示は、大礼記念館2階大広間にて2月10日から12日(午前9時から午後4時)まで行われます。

  •  
  •  

紀元祭併卯の日祭

2月11日(月・祝) 午前 9時参列自由 ※ご自由にご参列下さい。

神武天皇が即位された「紀元節」の日であり、現在は「建国記念の日」として、これを祝う「紀元祭」が行われます。また併せて「卯の日祭」が斎行されます。

祈年祭

2月17日(日) 午前10時

春のはじめにその年の農作物の豊作を祈ると共に、皇室国家の隆昌と諸産業の発展、国民の安泰を祈る「祈年祭」が大祭式で執り行われます。

  •  
  •  

授与品ピックアップが更新されました

授与品
  • 新規授与品へ社報「大美和」第136号を追加しました。

    「授与品ピックアップ」はこちら


    1月のお祭りのご案内

    お祭り

    繞道祭(にょうどうさい)並皇室御安泰祈願祭

    1月1日(火・祝) 午前 1時

    「ご神火まつり」とも称され、奈良県内で最初に行われる年中行事です。また繞道祭に併せて平成31年の皇室の御平安を祈願いたします。

    →詳細はこちらから

    •  

    率川阿波神社初戎

    1月5日(土) 午前 10時30分参列自由 ※ご自由にご参列下さい。

    「ゆりまつり」で有名な、奈良市本子守町にある率川神社の境内に鎮座する「阿波神社」で行われます。

    奈良市で最も古いエビス様を祀り、商売繁昌を祈る多くの方が参拝されます。

    →率川神社ホームページへ

    昭和天皇三十年式年祭遥拝

    1月7日(月) 午前10時参列自由 ※ご自由にご参列下さい。

    平成31年1月7日は昭和天皇が崩御されてより30年の式年に当たります。当日、宮中皇霊殿並びに武蔵野陵において「昭和天皇三十年式年祭」が執り行われるのに併せて、当神社におきましても「昭和天皇三十年式年祭遥拝」を祈禱殿前斎庭において執り行います。

    大とんど(古神符焼上祭)

    1月15日(火) 午前 8時参列自由 ※ご自由にご参列下さい。

    1月15日の午前8時より「大とんど(古神符焼上祭)」が行われ、注連縄や正月飾り、古神符が当日早朝、神職が昔ながらの「火燧具(ひきりぐ)」で起こした浄火をもって焚き上げられます。【午前8時に点火、午後4時半に消火】

    この火で焼いたお餅を食べると病気にならない、書き初めの紙を火にかざして高く舞い上がると書道上達につながる、などと信じられています。

    •  

    第66回 書初めまつりの出品について

    募集

    ―ご出品いただく学校・塾先生方へのお知らせー

    今年も奈良県を中心に小・中学校・高等学校・特別支援学校や書道塾の児童・生徒さんを対象に書初めまつりを開催いたします。 開催にあたり、例年ご出品いただいている学校・塾先生方のご要望により課題、要項を御案内することとなりました。

    出品には、団体整理番号の入った出品票・出品目録が必要となります。

    【個人での出品は受け付けておりません。学校あるいは書道塾よりご出品ください】

    要項をよくお読みいただき、間違いのないようご出品下さい。

    →「第66回 書初めまつり」課題、要項はこちらから


    12月1日より縁起物の授与が始まります。

    授与品
  • 来る平成31年は己亥(つちのとい)歳にあたります。 干支の「縁起物」を家に飾ると一年中、災難無く過ごせると言われています。 「来年の縁起物を飾って、新年を迎えたい」と願う人たちも多く、12月1日より社頭では干支のお守や一刀彫、色紙などの縁起物の授与を開始。 来るべき亥歳にはご家族おそろいで、神気満ちわたる三輪大神様のご神前にお詣りいただき、新しい年の無病息災と開運招福をお祈り下さい。

    【12月1日より開始の授与品】

    ・干支絵馬  ・干支色紙  ・干支守陶器(大・小)  ・干支守一刀彫(大・小)

    →詳しくはこちら

     

    ・招福えと守  ・昇運えと守

    →詳しくはこちら

     

    【12月15日より開始の授与品】 ※矢・扇の郵送は出来ません。

    ・福矢(大 2500円 小 1500円)  ・厄除破魔矢 

    →詳しくはこちら


    お正月を控え、大注連縄の飾りつけ 12月9日(日)午前10時半ごろ(奉納奉告祭終了後)よりの予定

    ご案内
  • 新しい年を目前に控えた第2日曜日の12月9日、三輪さんの冬の風物詩である「大注連縄の飾り付け」が行われます。この「大注連縄」は、崇敬団体である岸和田市の「照友会」により、昭和29年から毎年欠かさず、奉納されているものです。

    最大のもので長さ6・5メートル、太さ1メートル、重さ350キログラムもあります。

    早朝、拝殿前斎庭の大注連柱用をはじめ4本の大注連縄が、大型トラックで岸和田を出発し、二の鳥居に到着すると、神職のお祓いを受け、そこから50名近くの会員の手で拝殿前まで運び込まれます。

    続いて拝殿で「奉納奉告祭」が執り行われた後、ご参拝の方々にもお手伝いをいただき、正面の大注連縄が取り替えられます。

    皆様方も是非、この行事にあわせてお参りいただき、引き綱を引いて大注連縄の飾り付けに参加されてはいかがでしょうか。


    大和国一之宮 三輪明神 大神神社
    〒633-8538 奈良県桜井市三輪1422
    TEL 0744-42-6633 FAX 0744-42-0381
    このホームページに使用の写真・図版は著作権があり無断転用、転載はできません。