大神神社 最新情報

最新情報 最新情報

9月23・24日 秋の講社崇敬会大祭 バザーなど催しも盛りだくさん

ご案内
  • 来る9月23日・24日の両日にわたり「秋の講社崇敬会大祭」にあわせて、さまざまな催しが行われます。

    和太鼓の演奏や大勢の搗き手が歌にあわせて同時に餅をつく「千本杵餅つき」、中身を開けるのが楽しみな「三輪山福袋」や各地の名産品などが並べられたバザー店、そして金魚すくいをはじめ、お子さんも楽しめる楽しい催しもあります。お参りの後には、是非お立ち寄りください。


    9月のお祭りのご案内

    お祭り

    久延彦神社例祭(くえひこじんじゃれいさい)

    9月1日(金) 午前11時

    • 久延彦神社
    • 久延彦神社
    •  

    末社、久延彦神社の御祭神は久延毘古命(くえびこのみこと)で、『古事記』には世の中のことをことごとく知っておられる知恵の神様と記され、学問・知恵の神様、学業安全や入試や各種試験の合格祈願のお社として知られています。

    9月1日は久延彦神社の例祭日で、学業向上・入試合格はもとより、気力を養う身体の健康もお祈りされます。祭典終了後、神前にお供えされた「学業成就鉛筆」が参列者全員に授与されます。

    郷中敬老祭

    9月18日(月・祝) 午前10時

    • 敬老祭
    • 演芸
    •  

    当神社の氏子区域にお住まいの数え年80歳以上のお年寄りをご招待して、「郷中敬老祭」が行われます。

    敬老祭終了後、大礼記念館で記念の式典があり、宮司や自治体の関係者がご長寿の祝辞を申し上げ、記念品を贈呈します。引き続き大阪からやってきた桂米朝一門の落語家さんによる落語が催されます。

    秋季皇霊祭遙拝

    9月23日(土・祝) 午前10時

    この日、皇居の皇霊殿において皇祖皇宗をはじめ代々の皇室の方々の御霊を祀られる秋季皇霊祭が行われるにあたり、当社でも宮司以下神職が遙か皇居を遙拝し、歴代天皇や皇室の方々の偉業を偲び奉ります。

    秋の講社崇敬会大祭

    9月23(土・祝)・24日(日) 午前11時

    当神社を信仰する講員・崇敬会員のご安全と家運のご隆昌を祈る講社崇敬会大祭が、23日・24日の両日にわたり執り行われます。

    また祈祷殿前では講社崇敬会事業実行委員会の皆様による「三輪山福袋」、「千本杵餅つき」、「各種バザー店」、「わんぱく広場」、「金魚すくい」など、楽しい催物が数多く用意されています。


    8月のお祭りのご案内

    お祭り
  • 七夕祭

    8月7日(月) 午後2時参列自由 ※ご自由にご参列下さい。

    8月7日の午後2時より拝殿にて、学業の向上・技芸の上達と諸願成就を祈願する「七夕祭」が行われます。

    8月1日より拝殿前に笹竹が立てられ、参拝者のために短冊を準備、自由に願い事を書いていただけるようになっています。


    授与品ピックアップが更新されました

    ご案内
  • 新規授与品へ社報「大美和」第133号を追加しました。

    「授与品ピックアップ」はこちら


    第14回 三輪山まほろば短歌賞 作品募集

    募集

    神代の昔から、大物主大神の鎮まります神体山として崇められてきた大和の神奈備・三輪山。記紀万葉の時代から人々に親しまれ、歌枕としても数多く詠まれてきました。麓には歌垣の里としても有名な日本最古の市「海石榴市(つばいち)」があり、人の往来が盛んであった三輪山周辺を中心に和歌は各地へ発展していったといわれています。まさに三輪山麓一帯は「万葉のふるさと」にふさわしい所です。

    そこで大神神社では、ご神前に奉献する短歌を募ると共に、日本文化の一つである短歌のさらなる発展に寄与するべく、平成16年に大神神社献詠会を発足し「三輪山まほろば短歌賞」を設立。以来毎年11月3日の文化の日に「献詠祭」を斎行し、入選作品を披講申し上げております。

    是非この機会に皆様も万葉人になったつもりで奮ってご応募下さい。

    「三輪山まほろば短歌賞」募集要項はこちらから


    7月のお祭りのご案内

    お祭り
  • 綱越神社例祭(おんぱら祭)

    7月30日(日) 午後4時30分 おんぱら祭宵宮祭

    7月31日(月) 午前10時   おんぱら祭

             午後7時30分~午後8時10分 奉納花火大会(於:桜井市芝運動公園)

    おんぱら祭」は、古式に則り執り行われるお祓い行事です。その中で「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらえ)する人は千歳(ちとせ)の命延ぶといふなり」の古歌を唱えながら、茅の輪を3回くぐる神事があり、このとき同時に神馬(しんめ)引きも行われます。

    両日とも参拝者は境内の鳥居に取り付けられた茅の輪をくぐり、この半年間に知らぬ間についた罪・穢れを人形(ひとがた)に移し、夏の無病息災、延命長寿を祈ります。

    また31日には県下最大規模を誇る「奉納花火大会」があります。


    大和国一之宮 三輪明神 大神神社
    〒633-8538 奈良県桜井市三輪1422
    TEL 0744-42-6633 FAX 0744-42-0381
    このホームページに使用の写真・図版は著作権があり無断転用、転載はできません。