四季のおまつり
4月のおまつり 4月のおまつり
1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
【2016年】
祭典日祭典名祭典画像祭典時間祭典場所
4/3神武天皇祭遙拝

宮中と神武天皇陵にてお祀りする神武天皇祭が行われるにあたり、宮司以下神職が遙拝し、神武天皇の偉業を偲び奉ります。

午前10時祈祷殿前斎庭
4/8大直禰子神社(若宮)例祭

摂社大直禰子神社の例祭が執り行われ、ご祭神(若宮)の御分霊を本社拝殿にお遷しします。この祭典から大神神社の一年に一度の例祭「春の大神祭」の幕が開きます。

午前10時大直禰子神社
4/8春の大神祭宵宮祭

明日の「春の大神祭」が無事に斎行されることを祈る祭典「宵宮祭」が執り行われます。

午後5時拝殿
4/9春の大神祭

二千年来の伝統を誇る大祭で、氏子崇敬者多数参列の下、一年に一度の例祭が斎行されます。神楽「うま酒みわの舞」が4人の巫女により優雅に奏されます。

詳細あり
午前10時拝殿
4/9若宮神幸祭

若宮の御分霊を神輿にお遷しし、神職や時代装束に身を包んだ氏子が神輿のお供をして三輪の町中を巡幸します。桜の花が舞う中の華やかな時代行列を多くの人々が見守ります。

午後1時三輪の町中
4/10春の大神祭後宴祭

「春の大神祭」が無事に斎行されたことを感謝する祭典です。祭典後、若宮の御分霊が大直禰子神社にお戻りになります。

午前10時拝殿
4/10後宴能

例祭を締めくくる能が催されます。神社にゆかりの能「三輪」、狂言「福の神」などがその道の大家によって演じられます。

正午祈祷殿前特設舞台
4/18鎮花祭(薬まつり)

本社と、摂社の狭井(さい)神社で行われる祭典です。『大宝律令』(701)に国家の祭祀として毎年必ず行うよう定められた疫病除けの祭りで、現在は多くの医薬業関係者が参列して「薬まつり」と呼ばれています。

詳細あり
午前10時半本社、狭井神社
4/29昭和祭

昭和天皇のご生誕のこの日、御聖徳を仰ぎ、またこれからの国の隆昌を祈ります。

午前9時拝殿
4/29献茶祭

献茶祭は、毎年表千家・裏千家・武者小路千家(官休庵)3千家の家元が順番で奉仕されており、新緑の美しい境内の各所には、拝服席、副席や点心席が設けられます。

午前11時祈祷殿
年間の祭事表はこちら
大神神社
〒633-8538 奈良県桜井市三輪1422
TEL 0744-42-6633 FAX 0744-42-0381
このホームページに使用の写真・図版は著作権があり無断転用、転載はできません。